薬剤師による調剤薬局の仕事解説

事務仕事から人材育成まで、調剤薬局の仕事すべてを管理薬剤師が解説します。

加齢黄斑変性とオキュバイトについての解説

f:id:chouzai:20170919000927j:plain
加齢黄斑変性という病気をご存知でしょうか?

加齢黄斑変性はありふれた病気なので、薬剤師経験の長い方はもちろんご存知だと思います。しかし治療薬が処方されることはないため、薬剤師経験の短い方にはあまりなじみのない病気かもしれません。

薬局で働いていると「加齢黄斑変性に効くサプリメントをください」という患者がときどき来ます。そのようなときに困らないよう、この記事で加齢黄斑変性とサプリンメント(オキュバイト)について解説しますので、読んでいただければと思います。

続きを読む

ジスキネジア、アカシジア、ジストニア、パーキンソニズムの違いを解説

f:id:chouzai:20170918154557j:plain
錐体外路症状といえば、まず思いつくのが抗精神病薬による薬剤性パーキンソニズムです。統合失調症はドパミンが過剰になった病態であり、パーキンソン病はドパミンが不足した病態ですから、統合失調症の治療としてドパミン受容体を遮断するとパーキンソン病様症状が現れるのは理解に難くありません。

しかし錐体外路症状はパーキンソニズムだけでなく、ジスキネジア、アカシジア、ジストニアなど様々な症状を含んだ概念ですから、パーキンソニズムの理解だけでは錐体外路症状の理解には不十分です。

ここではジスキネジア、アカシジア、ジストニア、パーキンソニズムの違いを解説します。この記事を読めば錐体外路症状がスッキリ理解できるでしょう。

続きを読む

ドパミン神経系の解説〜統合失調症、錐体外路症状、パーキンソン病の基礎〜

f:id:chouzai:20170911022131j:plain
ドパミン神経系の理解は統合失調症やパーキンソン病を理解する上で欠かせません。しかし、ドパミン神経系については国家試験対策として勉強した程度で、実は深く理解していないという薬剤師が多いのではないかと思います。

ここではドパミン神経系について解説します。統合失調症、錐体外路症状、パーキンソン病の病態理解の基礎となる知識です。ぜひ身につけてください。

続きを読む

後発医薬品への変更調剤のルール完全版

f:id:chouzai:20170907000618j:plain
後発医薬品への変更調剤は薬局で頻繁に行われています。しかし後発医薬品への変更調剤のルールは意外にややこしいため、理解が完全でない人も多いのではないでしょうか。

ここでは後発医薬品への変更調剤のルールを詳細に解説します。この記事を読んで理解を深めていただきたいと思います。

続きを読む

基礎的医薬品って何?変更調剤できるの?

f:id:chouzai:20170829230826j:plain
平成28年4月の薬価改定で導入された「基礎的医薬品」を知っていますか?薬局の現場で働いていても、知らない人がほとんどでではないかと思います。

実際のところ、基礎的医薬品について知らなくても困ることはほとんどありません。しかし基礎的医薬品には、後発医薬品への変更調剤に関する裏技的なルールがありますので、知っていて良かったと思える場合があるかもしれません。

ここでは基礎的薬品について解説します。

続きを読む

電子お薬手帳の算定要件についてのまとめ

f:id:chouzai:20170723212410j:plain
平成28年4月調剤報酬改定で、電子お薬手帳が一定の要件を満たすと、お薬手帳として認められることになりました。

まだまだ普及したとはいえない電子お薬手帳ですが、電子お薬手帳ユーザーが患者として薬局に来局するのは珍しいことではなくなってきています。

ここでは電子お薬手帳の算定要件について解説します。薬剤服用歴管理指導料が算定できないケースがありますので、算定要件を理解しておくことが大切です。

続きを読む

薬局での人材育成について考えたこと

f:id:chouzai:20170723155555j:plain
私は管理薬剤師として薬局に勤務しています。管理薬剤師の仕事はいろいろあるのですが、一番やりがいを感じているのが人材育成です。

部下の育成は上司にとっては仕事の一部ですが、部下にとっては自分の人生そのものです。失敗は許されないと思いながら育成していますが、失敗してしまうこともありました。

人材育成の失敗は会社、上司、部下すべてにとって不幸なことですから、人材育成の方法論を身につけることは重要です。この記事では、私が薬局の人材育成について考えていること、実践していることを紹介します。みなさんの人材育成の道標となれば幸いです。

続きを読む

薬局職員が知っておきべき高額療養費制度

f:id:chouzai:20170717134254j:plain
医療費が高額になったときに利用できる制度として、高額療養費制度があります。高額療養費制度は事後に患者自身が保険者に申請することで償還払いを受けられる制度です。

しかし薬局での窓口負担額が軽減される場合がありますので、薬局職員が高額療養費制度を正しく理解しておかないと窓口負担額の計算を間違えてしまうことになりかねません。

ここでは高額療養費制度について解説します。薬局職員が知っておくべきことに絞って解説していきます。

続きを読む

ステロイド外用薬のランクを一覧表にまとめてみた

f:id:chouzai:20170710012005j:plain
ステロイド外用薬は抗炎症作用の強さにより、5段階に分けられます。使用頻度の高い薬剤であればそのランクを把握していても、あまり使わない薬剤についてはランクを覚えておらず、ランクの一覧表で確認するのが普通です。

ここではステロイド外用薬のランクの一覧表を示します。調剤室や監査台に常備し、業務に役立てられる内容にしていますので、ぜひご活用ください。

続きを読む

計量混合加算の算定に医師の指示は必要か

f:id:chouzai:20170704232943j:plain
計量混合加算は液剤、散剤、軟膏などを混合調剤したときに算定できるものです。

処方せん上に混合調剤の指示が明確にあれば、迷わず計量混合加算を算定できるでしょう。しかし混合調剤の指示が明確でない場合、もしくは混合調剤の指示なく混合調剤を行う場合に、計量混合加算を算定できるのか判断に迷う方もいらっしゃると思います。

この記事では、計量混合加算の算定に医師の指示が必要か解説します。

続きを読む

17の処方例で学ぶ計量混合加算の算定要件

f:id:chouzai:20170703013521j:plain
液剤、散剤、軟膏などを混合調剤すると計量混合加算を算定できるーー計量混合加算についての理解は、多くの薬局薬剤師、薬局医療事務の方がこの程度ではないかと思います。

計量混合加算は難しい概念ではないので、大まかな理解としてはそれで問題ありません。

しかし、算定要件の細かいところまで正確に知っておかないと、正しい調剤報酬の計算ができないケースがたまにあります。

ここでは、計量混合加算について細かい算定要件まで解説します。この記事で計量混合加算について理解を深める事で、きっとより正確な仕事をできるようになるでしょう。

続きを読む

ブドウ糖を薬局に無償提供してくれるメーカーの一覧表

f:id:chouzai:20170629015433j:plain
薬局で患者に無料で配布しているもののひとつにブドウ糖があります。薬局で無料で配布しているということは、薬局はメーカーから無償提供を受けているということです。

しかし、最近はメーカーにブドウ糖の無償提供を渋られることが多くなったように感じます。決してメーカーがケチになったわけではないのですが、薬局としては困ったものです。

ここではブドウ糖を無償提供してくれるメーカーを一覧にまとめています。ブドウ糖をメーカーに発注するときにこの記事を思い出してください。一覧表はなるべく正確なものにしたいと思っていますので、不正確な点や追加情報などあればコメント欄や連絡フォームからご連絡いただければ幸いです。

続きを読む

薬局で初めて部下を持ったときに考えたこと

f:id:chouzai:20170618203430j:plain
私が薬剤師になって8年経ちました。転職を一度経験し、現在の勤務先で働き始めて4年になります。3年前から管理薬剤師として勤務するようになり、生まれて初めて数人の部下を持ちました。上司として働くことになり、部下をうまく生かしてチームとして成果をあげることを求められるようになりました。

上司としてどういう方針で取り組めばよいのか右も左も分からない中、先輩に話を聞いたり、本を読んだりしてたくさんの失敗を積み重ね、最近ようやくひとつの答えを見つけられたように感じています。

ここでは、私が初めて部下を持ったときに考えたこと、考えた結果どういう答えにたどり着いたかなどを紹介します。

続きを読む

※当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。