読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師による調剤薬局の仕事解説

事務仕事から人材育成まで、調剤薬局の仕事すべてを管理薬剤師が解説します。

グレープフルーツ以外の柑橘類は薬との飲み合わせ大丈夫?

f:id:chouzai:20170402192114j:plain
血圧の薬とグレープフルーツの飲み合わせが良くないというのは、薬剤師はもちろん多くの患者が知っています。しかし、グレープフルーツのどの成分が薬と相互作用を起こしているかということを知らない薬剤師は多いです。患者が「薬とグレープフルーツを同時に飲まなければいいんでしょ」「ミカンも食べない方が良いわよね」と間違った知識を持っていることも多いです。

ここでは薬とグレープフルーツの飲み合わせについて詳しく解説します。また、グレープフルーツ以外の柑橘類が及ぼす影響についても解説します。

この記事は大日本住友製薬の医療情報サイト「カル・グレ」を参考に作成しています。


グレープフルーツのどの成分がどのようなメカニズムで薬に影響を及ぼすのか

グレープフルーツに含まれ、薬に影響を及ぼす成分はフラノクマリン類と呼ばれるものです。グレープフルーツに含まれるフラノクマリン類は、その大部分が果肉に存在しており、袋、皮、種には少量しか含まれていないと言われています。

フラノクマリン類がどのようなメカニズムで薬に影響を及ぼすかというと、消化管で薬物代謝酵素の働きを阻害することで薬の血中濃度が上昇します。以下で詳しく説明します。

通常、薬を経口摂取すると消化管から薬が吸収され血液中に入ります。このとき摂取した薬の全量が血液中に入るわけではなく、薬の一部は薬物代謝酵素により不活性化されてしまいます。グレープフルーツを摂取すると、薬物代謝酵素の働きが低下し薬が不活性化されにくくなります。その結果、血液中に入る薬の量が増え薬効が過剰に発現します。

薬物代謝酵素にはいくつか種類がありますが、フラノクマリン類が阻害するのはCYP3A4(シップスリーエーフォーと読みます)と呼ばれるものです。ですから、CYP3A4に代謝されない薬はグレープフルーツの影響を受けませんし、フラノクマリン類が阻害するのは「消化管」のCYP3A4ですから、消化管以外(例えば肝臓)でのCYP3A4の代謝には影響を及ぼしません。

グレープフルーツによるCYP3A4の代謝能低下は、グレープフルーツの摂取を中止すると徐々に回復します。しかし完全に回復するには3〜4日を要すると言われています。ですから「薬とグレープフルーツを同時に飲まなければいいんでしょ」というのは完全な間違いです。

グレープフルーツの影響を受ける薬は何か

グレープフルーツを摂取すると消化管のCYP3A4の代謝能が低下し、薬の血中濃度が高くなることが分かりました。では、グレープフルーツの影響を受ける薬は何でしょうか?薬の一覧を示したかったのですが、検索してみると507件ヒットし、多すぎて示せません。ですからカテゴリー別に代表的な薬を以下に挙げます。

カテゴリー 薬剤名 薬剤一般名
カルシウム拮抗薬 アダラート ニフェジピン
カルブロック アゼルニジピン
ノルバスク、アムロジン アムロジピン
コニール ベニジピン
アテレック シルニジピン
ワソラン ベラパミル
スタチン(高脂血症治療薬) リピトール アトルバスタチン
クレストール ロスバスタチン
リポバス シンバスタチン
抗てんかん薬 テグレトール カルバマゼピン
免疫抑制薬 ネオーラル、サンディミュン シクロスポリン
有名なのはカルシウム拮抗薬ですね。カルシウム拮抗薬は高血圧治療の目的で処方されることが多いですので、「グレープフルーツが大好きで、薬を飲むからといって食べるのはやめたくない」という高血圧患者は、カルシウム拮抗薬以外の薬を処方してもらうと良いでしょう。

グレープフルーツ以外の柑橘類は大丈夫か

グレープフルーツ以外の柑橘類は薬に影響を及ぼさないのでしょうか?薬に影響を与える成分はフラノクマリン類ですから、その他の柑橘類にフラノクマリン類が含まれるかを見ることで、薬への影響を判断できます。

バレンシアオレンジ、レモン、カボス、温州みかん、スイートオレンジはフラノクマリン類を含まないので薬への影響はありません。一方、スウィーティー、ザボン、ダイダイにはフラノクマリン類が含まれており、薬に影響を及ぼすと考えられます。

薬とグレープフルーツの相互作用は個人差が大きい

ここまでフラノクマリン類がCYP3A4の代謝活性を阻害することで薬の効果が過度に現れることを説明してきましたが、この影響は個人差が非常に大きいです。CYP3A4の代謝活性はもともと遺伝的背景により個人差が大きいですし、食生活や消化管の状態も大きな要因です。

ですから、他人の結果(知人はグレープフルーツの影響が大きかった、など)はあまりあてになりません。グレープフルーツがあなた自身にどの程度影響を及ぼすかは、実際にあなたがグレープフルーツを摂取してみなければ分からないのです。このような事情があるので病院や薬局では「グレープフルーツはなるべく避けてください」と説明するしかありません。絶対にダメというわけではないけれど影響を最小にするためになるべく摂取を避けてもらう、そういう通り一遍の説明しかできることがないのです。




※当サイト上の記載内容に関し、いかなる保証をするものでもありません。当サイト上の記載内容に誤りおよび記載内容に基づいて被った被害については、当サイトは一切責任を負いかねます。